Profile

遠藤結城 (Endo Yuki)
博士(工学), 助教(2019年9月~)
所属: 筑波大学システム情報系
        計算幾何学とグラフィックス研究室(CGG)

略歴: 2006年3月 新潟県立三条高等学校 卒業
     2010年3月 筑波大学第三学群情報学類 卒業
     2012年3月 同大学 大学院 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻 博士前期課程 修了
     2012年4月~2016年7月 日本電信電話株式会社 NTTサービスイノベーション総合研究所 勤務
     2014年4月 筑波大学 大学院 システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻 社会人博士後期課程 入学
     2016年8月~2018年7月 筑波大学 システム情報系 助教
     2017年3月 同大学 大学院 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻 博士後期課程 修了
     2018年8月~2019年8月 豊橋技術科学大学 情報・知能工学系 助教
     2019年9月~ 筑波大学 システム情報系 助教

Address: 〒305-8573 茨城県つくば市天王台 1-1-1, 総合研究棟 B 棟 925/1125 号室

E-mail: endo(AT)cs.tsukuba.ac.jp

Research Interest

コンピュータグラフィックス、画像合成・編集技術、画像認識、データマイニング、機械学習、深層学習

Selected Projects

Animating Landscape:Self-Supervised Learning of Decoupled Motion and Appearance for Single-Image Video Synthesis (SIGGRAPH ASIA 2019)(Project)
Relighting Humans: Occlusion-Aware Inverse Rendering for Full-Body Human Images (SIGGRAPH ASIA 2018)(Project)
Deep Reverse Tone Mapping (SIGGRAPH ASIA 2017)(Project)
Transferring pose and augmenting background for deep human-image parsing and its applications (Computational Visual Media, PG2017 short paper)(Project)
Predicting Destinations from Partial Trajectories Using Recurrent Neural Network (PAKDD 2017)[PDF (author-created version)]
DeepProp: Extracting Deep Features from a Single Image for Edit Propagation (Eurographics 2016)(Project)
Single Image Weathering via Exemplar Propagation (Eurographics 2016)(Project)
Deep Feature Extraction from Trajectories for Transportation Mode Estimation (PAKDD 2016)[PDF (author-created version)]
Efficient Depth Propagation for Constructing a Layered Depth Image from a Single Image (Pacific Graphics 2014)(Project)
Object Repositioning Based on the Perspective in a Single Image (Computer Graphics Forum) (Project)
Matting and Compositing for Fresnel Reflection on Wavy Surfaces (Eurographics Symposium on Rendering 2012)(Project)
Weathering effects with geometric details for images (Computer Graphics International 2011, short paper)(Project)[PDF (author-created version)]
An Interactive Design System for Pop-Up Cards with a Physical Simulation (Computer Graphics International 2011)(Project)
An Interactive Design System for Water Flow Stains on Outdoor Images (Smart Graphics 2010)
(Project)[PDF (author-created version)]

Publications

Journals:
  1. Yuki Endo, Yoshihiro Kanamori, Shigeru Kuriyama: Animating Landscape: Self-Supervised Learning of Decoupled Motion and Appearance for Single-Image Video Synthesis," ACM Transactions on Graphics (Proc. of SIGGRAPH Asia 2019), to appear.
  2. Yoshihiro Kanamori, Yuki Endo: "Relighting Humans: Occlusion-Aware Inverse Rendering for Full-Body Human Images," ACM Transactions on Graphics (Proc. of SIGGRAPH Asia 2018), 37, 6, Article No. 270, November 2018.
  3. Takazumi Kikuchi, Yuki Endo, Yoshihiro Kanamori, Taisuke Hashimoto, and Jun Mitani, "Transferring pose and augmenting background for deep human-image parsing and its applications," Journal of Computational Visual Media, 12 pages, 2018. [PDF, Supplemental material (open access)](CVMJ Honorable Mention Award)
  4. Yan Zhao, Yuki Endo, Yoshihiro Kanamori, Jun Mitani: "Approximating 3D Surfaces using Generalized Waterbomb Tessellations," Journal of Computational Design and Engineering, 2018. (ESCI, Accepted) https://doi.org/10.1016/j.jcde.2018.01.002
  5. 山本 修平, 遠藤 結城, 戸田 浩之, "映像とセンサ信号を用いたドライブレコーダデータからのヒヤリハット検出手法", 情報処理学会論文誌データベース(TOD), 10(4), 26-30, 2017年12月
  6. Yuki Endo, Yoshihiro Kanamori, Jun Mitani: "Deep Reverse Tone Mapping," ACM Transactions on Graphics (Proc. of SIGGRAPH ASIA 2017), 36, 6, pp.177:1-177:10, November 2017.
  7. Emi Miyamoto, Yuki Endo, Yoshihiro Kanamori, Jun Mitani: "Semi-Automatic Conversion of 3D Shape into Flat-Foldable Polygonal Model," Computer graphics Forum (Proc. of Pacific Graphics 2017), 10 pages, October 2017.
  8. 瀧本祥章, 西田京介, 遠藤結城, 戸田浩之, 澤田宏, 石川佳治, "時間帯を考慮したパーソナライズ目的地予測", 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J100-Dm No.4, pp.472-484, 2017年4月.
  9. Yuki Endo, Hiroyuki Toda, Kyosuke Nishida, and Jotaro Ikedo: "Classifying spatial trajectories using representation learning," International Journal of Data Science and Analytics, Volume 2, Issue 3, pp.107-117, 2016.
  10. Yuki Endo, Satoshi Iizuka, Yoshihiro Kanamori, and Jun Mitani, "DeepProp: Extracting Deep Features from a Single Image for Edit Propagation," Computer Graphics Forum (Proc. of Eurographics 2016), May 9-13, 2016.
  11. Satoshi Iizuka, Yuki Endo, Yoshihiro Kanamori, Jun Mitani:"Single Image Weathering via Exemplar Propagation," Computer Graphics Forum (Proc. of Eurographics 2016), May 9-13, 2016.
  12. 河野慎, 遠藤結城, 戸田浩之, 小池 義昌, 植田 一博, "Recursive Autoencoderにもとづいた移動軌跡からの特徴量自動抽出手法の提案", 日本データベース学会和文論文誌, Vol.14, 2016,
  13. 遠藤結城, 戸田 浩之 , 小池 義昌: "移動手段判定のための表現学習を用いたGPSログからの特徴抽出 ", 情報処理学会論文誌データベース(TOD),8(3),12-23, 2015年9月.
  14. 遠藤結城, 金森 由博, 三谷 純, 福井 幸男: "粒子シミュレーションによる水汚れ画像生成システム", 情報処理学会論文誌, Volume 56, Issue 3, 2015.
  15. Satoshi, Iizuka, Yuki Endo, Masaki Hirose, Yoshihiro Kanamori, Jun Mitani and Yukio Fukui: "Object Repositioning Based on the Perspective in a Single Image," Computer Graphics Forum, Volume 33, Issue 8, pages 157-166, Dec. 2014. (presented at EUROGRAPHICS 2015)
  16. Satoshi, Iizuka, Yuki Endo, Yoshihiro Kanamori, Jun Mitani and Yukio Fukui: "Efficient Depth Propagation for Constructing a Layered Depth Image from a Single Image," Computer Graphics Forum (Proc. of Pacific Graphics 2014), Volume 33, Issue 7, pages 279-288, Oct. 2014.(acceptance rate: 20%)
  17. Yuki Endo, Yoshihiro Kanamori, Yukio Fukui and Jun Mitani: "Matting and Compositing for Fresnel Reflection on Wavy Surfaces," Computer Graphics Forum (Proc. of Eurographics Symposium on Rendering 2012), Vol. 31, No. 4, pp. 1435-1443, 2012. (acceptance rate: 30%) [PDF (2.1MB)] [PPTX (18.6MB, without movies)] [Movie (24.4MB)] [BibTex]
  18. Satoshi Iizuka, Yuki Endo, Jun Mitani, Yoshihiro Kanamori, Yukio Fukui: "An Interactive Design System for Pop-Up Cards with a Physical Simulation," The Visual Computer (Proc. of Computer Graphics International 2011), Volume 27, Issue 6, 605-612, 2011. (acceptance rate: 16%)
International:
  1. Kurei Fujiwara, Yuki Endo, Shieru Kuriyama, "Sketch-based Deep Generative Models Conditioned on a Background Image," 6th International Conference on Advanced Informatics (ICAICTA2019), 6 pages, Sep. 2019.
  2. Takumi Yajima, Yoshihiro Kanamori, Yuki Endo and Jun Mitani, "Interactive Edge-Aware Segmentation of Character Illustrations for Articulated 2D Animations," In Proc. of NICOGRAPH International 2018, 8 pages, June 29-30, 2018, Tainan, Taiwan. (Best Paper Award)
  3. Takazumi Kikuchi, Yuki Endo, Yoshihiro Kanamori, Jun Mitani: "Transferring Pose and Augmenting Background Variation for Deep Human Image Parsing," In Proc. of Pacific Graphics 2017, short paper, 6 pages, October 2017.
  4. Taisuke Hashimoto, Yoshihiro Kanamori, Yuki Endo, Jun Mitani: "Improving Bivariate BRDF Acquisition by Optimizing Light Directions,” In Proc. of Pacific Graphics 2017, poster, 2 pages, October 2017.
  5. Peng Wang, Yoshihiro Kanamori, Yuki Endo, and Jun Mitani, "Body-shape Transfer for Super Deformation of 3D Character Models," In Proc. of NICOGRAPH International 2017, 7 pages, June 2-3, Kyoto, 2017. (Best Paper Award)
  6. Yuki Endo, Kyosuke Nishida, Hiroyuki Toda, and Hiroshi Sawada, "Predicting Destinations from Partial Trajectories Using Recurrent Neural Network," in Proceedings of the 21st Pacific Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD 2017), pp.160-172, Korea, May 2017. (full paper, 28%), https://doi.org/10.1007/978-3-319-57454-7_13
  7. Shinichi Tanaka, Yuki Endo, Yoshihiro Kanamori, Jun Mitani : "A generation method of origami model for CG" , International Conference on Mathematical Modeling and Applications 2016'Origami-Based Modeling and Analysis', Tokyo, Univ. of Meiji, Nov. 9-12, 2016. (Poster Award)
  8. Yuki Endo, Hiroyuki Toda, Kyosuke Nishida, Akihisa Kawanobe: "Deep Feature Extraction from Trajectories for Transportation Mode Estimation," In Proc. of PAKDD2016, April 19-2. (long oral presentation, 12.7%), https://doi.org/10.1007/978-3-319-31750-2_5
  9. Yuki Endo, Hiroyuki Toda, Yoshimasa Koike: "What’s Hot in The Theme: Query Dependent Emerging Topic Extraction from Social Streams," In Proc. of World Wide Web 2015 Companion, pp.31-32, Florence, May 2015. (acceptance rate: 30%)
  10. Yuki Endo, Yoshihiro Kanamori, Jun Mitani, Yukio Fukui: "Weathering effects with geometric details for images," In Proc. of Computer Graphics International 2011, s-24 pp.1-4, 2011-6.
  11. Yuki Endo, Yoshihiro Kanamori, Jun Mitani, Yukio Fukui: "An Interactive Design System for Water Flow Stains on Outdoor Images," In Proc. of smart graphics 2010, 2010-6. https://doi.org/10.1007/978-3-642-13544-6_16
Domestic:
  1. 金森 由博, 遠藤 結城, 山口 智史, 三谷 純, "人物の単視点全身画像の再照明," Visual Computing 2019, 2019/6/27-29. (口頭発表) (企業賞 (CyberAgent 賞) 受賞)
  2. 高筒飛輝, 遠藤結城, 栗山繁, "漢字フォント画像からの刺繍データの自動生成," 第18回情報科学技術フォーラム(FIT2019), 2 pages, 2019/9/3-5.
  3. 木佐省吾, 遠藤結城, 栗山繁, "人の関節回転角系列からの身体中心位置の推定," 第18回情報科学技術フォーラム(FIT2019), 2 pages, 2019/9/3-5.
  4. 出口風人, 遠藤結城, 栗山繁, "RNNを用いたデータ駆動型モーションリターゲット," 第18回情報科学技術フォーラム(FIT2019), 2 pages, 2019/9/3-5.
  5. 鬼塚慎吾, 遠藤結城, 栗山繁, "流れ場に基づくワーピングによる深層生成モデルを用いた人物動画生成," 第18回情報科学技術フォーラム(FIT2019), 2 pages, 2019/9/3-5.
  6. 高筒飛輝, 遠藤結城, 栗山繁, "漢字画像の刺繍データ化のための筆画分解," Visual Computing 2019, 2019/6/27-29. (ポスター発表)
  7. 藤原玖嶺, 遠藤結城, 栗山繁, "敵対的生成ネットワークを使用したスケッチからの画像生成," Visual Computing 2019, 2019/6/27-29. (ポスター発表)
  8. 木佐省吾, 遠藤結城, 栗山繁, "人の姿勢系列情報からの身体中心位置の推定," Visual Computing 2019, 2019/6/27-29. (ポスター発表)
  9. 鬼塚慎吾, 遠藤結城, 栗山繁, "流れ場生成モデルを用いたワーピングによる人物動画生成," Visual Computing 2019, 2019/6/27-29. (ポスター発表)
  10. 遠藤 結城, 金森 由博, 栗山繁, "色と動き情報の学習による静止画像からのシネマグラフ生成," CVIM・CGVI・DCC 合同研究会(CVIM第214回・CGVI第172回・DCC第20回), 2018-11. (CVIM 奨励賞およびCGVI 優秀研究発表賞受賞)
  11. 金森 由博, 遠藤 結城, "人物の単視点全身画像の再照明," Visual Computing 2018, 2018/6/21-23. (口頭発表) (優秀研究発表賞受賞)
  12. 昆将太郎,金森由博,遠藤結城,三谷 純: "線画イラストにおけるカーネルSVMを用いた閉領域の奥行き推定", 情報処理学会第80回全国大会, 2 pages, 2018.
  13. 谷島拓実,金森由博,遠藤結城,三谷 純: "エッジ強調に基づくイラスト画像のための対話的領域分割", 情報処理学会第80回全国大会, 2 pages, 2018.
  14. 山本修平, 遠藤 結城, 戸田 浩之: "映像とセンサを用いたドライブレコーダデータからのヒヤリハット検出手法", 第11回 Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2017), 5 pages, September 2017.
  15. 遠藤 結城,西田 京介,戸田 浩之,澤田 宏: "長期的な状態依存性を考慮した移動軌跡からの目的地予測", 第84回MBL研究会 山下記念研究賞奨励講演, abstract, 1 page, August 2017.
  16. 菊池 敬済, 遠藤 結城, 金森 由博, 橋本 泰輔, 三谷 純: "ポーズ情報の考慮と背景データの拡張によるCNNを用いた人物画像の意味的領域分割", Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム 2017, 8 pages, June 2017.
  17. 田中 慎一, 遠藤 結城, 金森 由博, 三谷 純: "簡略化モデルによる折紙形状構築手法", Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム 2017, 6 pages, June 2017.
  18. 宮本 惠未, 遠藤 結城, 金森 由博, 三谷 純, "3次元形状を折りたたみ可能な立体へ自動変換する手法の提案," Visual Computing/グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2017, 2017/6/23-24. (ポスター発表)
  19. 橋本 泰輔, 金森 由博, 遠藤 結城, 三谷 純, "光源配置の最適化による2変数BRDF測定の改良," Visual Computing/グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2017, 2017/6/23-24. (ポスター発表)
  20. 橋本 泰輔, 金森 由博, 遠藤 結城, 三谷 純, "光源配置の最適化による2変数BRDF測定の改良", 映像情報メディア学会, 2017-3-14. (優秀研究発表賞)
  21. 田中慎一, 遠藤結城, 金森由博, 三谷純, "折紙のCG用幾何モデルの生成手法", 日本図学会春季大会, 2016年11月26,27日
  22. 上村紳一郎, 遠藤結城, 金森由博, 三谷純, "帯状三次元座標取得装置を用いた曲線折り形状の対話的な生成インタフェースの開発", 日本図学会春季大会, 2016年11月26,27日
  23. 遠藤 結城, 西田京介, 戸田浩之, 澤田宏: "長期的な状態依存性を考慮した移動軌跡からの目的地予測",マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム, 7G-4, pp. 1524 - 1536, July 2016. (優秀論文賞, 山下記念研究賞)
  24. 瀧本祥章, 西田京介, 遠藤 結城, 戸田浩之, 澤田宏, 石川佳治: "時間帯を考慮したパーソナライズ目的地予測",第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム", H1-2, March 2016.(優秀論文賞)
  25. 飯塚里志, 遠藤結城, 金森由博, 三谷純, "物体表面のテクスチャ変化を伴う画像の経年変化の再現", Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム 2015, 2015-6.
  26. 河野 慎, 遠藤 結城, 戸田浩之, 小池 義昌, 植田 一博: "Recursive Autoencoderにもとづいた移動軌跡からの特徴量自動抽出手法の提案", 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2015), D5-5, 2015年3月2日~3月4日. (学生プレゼンテーション賞)
  27. 遠藤結城, 数原良彦, 戸田浩之, 小池 義昌: "移動手段判定のための表現学習を用いたGPS軌跡からの特徴抽出 ", WebDB Forum 2014, 2014-11. (優秀論文賞, 山下記念研究賞)
  28. 遠藤 結城,戸田浩之,鷲崎誠司: "時系列テキストにおけるクエリ依存の局所的なEmerging Topic の抽出", 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2014), C4-3, 2014年3月3日~3月5日.
  29. 飯塚里志, 遠藤結城, 金森由博, 三谷純, 福井幸男: "スクリブルを用いた1枚の画像からの対話的なレイヤ状3次元モデルの生成", Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム 2013, 2013-6. (GCAD賞)
  30. 飯塚里志, 遠藤結城, 金森由博, 三谷純, 福井幸男: "シーンの奥行きを考慮した景観画像における対話的なオブジェクト再配置", Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム 2012, 2012-6.
  31. 遠藤 結城,金森 由博,三谷 純,福井 幸男: "画像における映り込みのマッティングと合成", 第146回グラフィクスとCAD研究会, 2012-2. (GCAD賞, 山下記念研究賞)
  32. 飯塚里志, 遠藤結城, 金森由博, 三谷純, 福井幸男: "3次元構造を考慮した対話的な景観画像編集システム", ソリューション型研究開発プロジェクト2011年度研究成果報告(CS Technical Reports Special Issue on "Program for Develpment of ICT Solution Architects"), 2012-2. (ソリューション型研究開発/特別プロジェクト優秀賞 )
  33. 飯塚里志, 遠藤結城, 三谷純, 金森由博, 福井幸男: "物理シミュレーションを用いたポップアップカード設計支援システム", Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2011, 2011-6. (GCAD賞)
  34. 飯塚里志, 遠藤結城: "バネマスモデルを用いたポップアップカード設計支援ツールの開発", ソリューション型研究開発プロジェクト2010年度研究成果報告(CS Technical Reports Special Issue on "Program for Develpment of ICT Solution Architects"), 2011-2. (専攻長表彰)
  35. 遠藤 結城,金森 由博,三谷 純,福井 幸男: "アピアランスマップを用いた景観画像のための対話的な経年変化編集システム", 第139回グラフィクスとCAD研究会, 2010-7. (GCAD賞)
  36. 遠藤 結城,金森 由博,三谷 純,福井 幸男: "粒子シミュレーションによる水汚れ画像生成システム", Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2010, 2010-6. (GCAD賞)
  37. 遠藤 結城, 金森 由博, 三谷 純, 福井 幸男: "粒子シミュレーションによる水汚れ画像生成システム", NICOGRAPH 2010 春季大会, 2010-3.
Patents:
astamuse (23件、うち登録済20件 (2019年8月時点))
Theses:
  • 博士論文: "Interactive Image Editing Methods for Reproducing Real-World Appearance Variations", 2017年3月. [PDF (100MB)]
  • 修士論文: "画像における映り込みのマッティングと合成", 2012年3月.
  • 卒業論文: "粒子シミュレーションによる水汚れ画像生成システム", 2010年3月.
  • Grants:
    代表
    1. 科学研究費補助金 (若手研究 (B), 課題番号 17K12689), "ディープニューラルネットワークによる静止画像からの動画像生成手法の開発", 2017-2019.
    2. 公益法人NEC C&C財団 2016年度国際会議論文発表者助成
    分担
    1. 科学研究費補助金 (基盤研究 (B), 課題番号 19H04231), "アバターを介した非言語コミュニケーションのための動作スタイルの学習と即時変換", 2019-2024, 代表者: 栗山 繁.
    2. 科学研究費補助金 (基盤研究 (B), 課題番号 19H04130), "単視点画像の根源的光学要素分解", 2019-2022, 代表者: 金森 由博.
    Invited talks:
    1. 金森 由博, 遠藤 結城, "Relighting Humans: 人物全身画像の遮蔽を考慮した逆レンダリング", Visual Computing 2019 SIGGRAPH ASIA 2018 / Eurographics2019 採択論文 招待講演, 2019-06.
    2. 遠藤 結城, 金森 由博, 三谷 純, "Deep Reverse Tone Mapping", Visual Computing 2018 国際会議 / SIGGRAPH Asia 2017 採択論文 招待講演, 2018-06.
    3. 宮本 惠未, 遠藤 結城, 金森 由博, 三谷 純, "3次元形状を折りたたみ可能な立体へ半自動変換する手法の提案", Visual Computing 2018 国際会議 / SIGGRAPH Asia 2017 採択論文 招待講演, 2018-06.
    4. 茨城県高等学校教育研究会情報部 平成30年度春季研究協議会, "人工知能の最先端とCG・画像処理への応用研究", 2018/6/1, 土浦(県南生涯学習センター).
    Press:
    1. 日経新聞その他, "人工知能(AI)を活用した危険運転の自動検出に成功", 2016/9/26, [Link (SankeiBiz)]
    2. 日刊工業新聞社, "筑波大、水面の映り込みを自動再現できる画像編集ソフト開発", 2012/05/31, [Link].
    3. 日刊工業新聞社, "開くと飛び出すカード ‐ 初心者でも簡単作成", 2011/5/26 [Link].
    Awards(筆頭):
    1. 2018 年11 月, CGVI 優秀研究発表賞, CVIM・CGVI・DCC 合同研究会(CVIM第214回・CGVI第172回・DCC第20回), "色と動き情報の学習による静止画像からのシネマグラフ生成"
    2. 2018 年11 月, CVIM 奨励賞, CVIM・CGVI・DCC 合同研究会(CVIM第214回・CGVI第172回・DCC第20回), "色と動き情報の学習による静止画像からのシネマグラフ生成"
    3. 2018 年3 月, 山下記念研究賞, 情報処理学会 (MBL研究会, DICOMO2016), "長期的な状態依存性を考慮した移動軌跡からの目的地予測"
    4. 2017 年7 月 情報処理学会 研究会推薦博士論文 "Interactive Image Editing Methods for Reproducing Real-World Appearance Variations"
    5. 2017 年7 月, 研究会推薦博士論文, 情報処理学会, "Interactive Image Editing Methods for Reproducing Real-World Appearance Variations," 受賞者: 遠藤結城. 6) 2016 年7 月, 優秀論文賞, マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム, "長期的な状態依存性を考慮した移動軌跡からの目的地予測"
    6. 2016 年3 月, 山下記念研究賞, 情報処理学会(DBS研究会, 第8 回Web とデータベースに関するフォーラム), "移動手段判定のための表現学習を用いたGPS軌跡からの特徴抽出"
    7. 2015 年12 月, 総研所長表彰 研究開発奨励賞, NTT サービスイノベーション総合研究所, "空間行動理解技術に関する研究開発"
    8. 2014 年11 月, 優秀論文賞, 第8 回Web とデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2014), "移動手段判定のための表現学習を用いたGPS軌跡からの特徴抽出"
    9. 2013 年3 月, 山下記念研究賞, 情報処理学会(GCAD研究会, 第146 回グラフィクスとCAD 研究会), "画像における映り込みのマッティングと合成"
    10. 2012 年2 月, 優秀研究発表賞, 第146 回グラフィクスとCAD 研究会, "画像における映り込みのマッティングと合成"
    11. 2010 年7 月, 優秀研究発表賞, 第139 回グラフィクスとCAD 研究会, "アピアランスマップを用いた景観画像のための対話的な経年変化編集システム"
    12. 2010 年6 月, 優秀研究発表賞, Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム2010, "粒子シミュレーションによる水汚れ画像生成システム"
    Awards(筆頭以外):
    1. 2019 年6 月, 企業賞 (CyberAgent 賞), Visual Computing 2019, "人物の単視点全身画像の再照明"
    2. 2019 年3 月, Honorable mention award, Journal of Computational Visual Media, "Transferring pose and augmenting background for deep human-image parsing and its applications"
    3. 2018 年6 月, 優秀研究発表賞, Visual Computing 2018, "人物の単視点全身画像の再照明"
    4. 2018 年6 月, Best Paper Award, NICOGRAPH International 2018, "Interactive Edge-Aware Segmentation of Character Illustrations for Articulated 2D Animations"
    5. 2017 年6 月, Best Paper Award, NICOGRAPH International 2017, "Body-shape Transfer for Super Deformation of 3D Character Models"
    6. 2017 年3 月, 優秀研究発表賞, 映像情報メディア学会, "光源配置の最適化による2変数BRDF測定の改良"
    7. 2016 年11 月, Poster Award, International Conference on Mathematical Modeling and Applications 2016 'Origami-Based Modeling and Analysis', "A generation method of origami model for CG"
    8. 2016 年5 月, 優秀論文賞, DEIM フォーラム2016, "時間帯を考慮したパーソナライズ目的地予測"
    9. 2015 年10 月, 最優秀賞, 国土交通省政策統括官付主催歩行者移動支援アイデアソン・ハッカソン, "あなたのためのルート検索, チームえぼりゅーしょん"
    10. 2015 年3 月, 学生プレゼンテーション賞, DEIM フォーラム2015, "Recursive Autoencoderにもとづいた移動軌跡からの特徴量自動抽出手法の提案"
    11. 2013 年6 月, 優秀研究発表賞, Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム2013, "スクリブルを用いた1枚の画像からの対話的なレイヤ状3次元モデルの生成"
    12. 2011 年6 月, 優秀研究発表賞, Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム2011, "物理シミュレーションを用いたポップアップカード設計支援システム"

    Lectures

    2019年度
    1. 情報・知能工学基礎実験 (計算機基礎ⅡⅢ)(前期)
    2. 情報・知能工学実験 (論理回路)(前期)
    3. コンピュータグラフィクス基礎 (CG 基礎) (分担、秋学期 AB)
    4. データサイエンス (秋学期 AB, 水1,2)
    2018年度(~7月)
    1. 共通科目情報(上級)(プログラミング言語Java)(春学期 AB 月4,5)
    2. 共通科目情報(実習)(春学期 AB 火3,4)
    3. CG特論 / バーチャル空間モデリング(分担、春学期 AB 木1,2)
    4. マルチメディアの舞台裏:コンテンツを創るための実世界指向技術 (春学期 AB 1回分)
    5. 情報科学概論I (春学期 C 1回分)
    2017年度
    1. 共通科目情報(上級)(プログラミング言語Java)(春学期 AB 月4,5)
    2. 共通科目情報(実習)(春学期 AB 火3,4)
    3. マルチメディアの舞台裏:コンテンツを創るための実世界指向技術 (春学期 AB 5/9 月1,2)
    4. 情報科学概論I (春学期 C 7/21 金3,4)
    5. コンピュータグラフィクス基礎 (CG 基礎) (分担、秋学期 AB)
    2016年度 (8月~)
    1. CG・インタフェース特論 / バーチャル空間モデリング(分担、秋学期 AB)
    2. コンピュータグラフィクス基礎 (CG 基礎) (分担、秋学期 AB)